進路指導・就職先

国際社会で活躍できる人材を送り出す万全の進路指導

自分らしく「なりたい自分」になろうとするあなたを応援します

ニュージーランドへの留学は、21世紀を「国際人」として生きるあなたにとって、就職とは何か、進学とは何かを見つめ直す機会をくれることでしょう。自分の一番したいことは何なのか、どうすれば社会に最もよく貢献できるのか。

あなたの自己実現のために、国際大学IPU New Zealandは留学の成果を最大限に活かす進路の発見をサポートしています。

卒業生のメッセージ

海外留学の強みは日本にこだわらず世界中で就職できること。
勿論、日本においては東証一部上場企業をはじめ、一流企業への就職も実現しています。国際大学で培った専門知識、語学力やコミュニケーション力など、駆使できるすべての留学経験があるからこそ、世界の就職戦線を勝ち抜ける力がIPU New Zealand生には備わっています。

進路指導の方針

  • すべての学生が「自分の進路」を発見し、自己実現に向けて活動できるようサポートする
  • ニュージーランドでは「自分発見」と「進路発見」のための指導を、日本では実践的な就職指導を行う
  • 入学時点から卒業まで、一貫した継続的個人指導を行う

進路指導の流れ

オリエンテーション※入学前
目的を持って留学生活を送ることがいかに大切か、身につけることができる付加価値は何か、企業が留学生に期待することは何かについて考えます。
第二回進路セミナー※2年次前期
日本の新卒採用プロセスの全体像と、採用プロセスの中のそれぞれのステップを行う理由や意味を知り、どのように準備できるかを考えます。
第三回進路セミナー※3年次前期
目的を持って留学生活を送ることがいかに大切か、身につけることができる付加価値は何か、企業が留学生に期待することは何かについて考えます。
インターンシップ※2~3年次推奨
会社の中での従業員の責任と役割、仕事の仕方・考え方、会社の組織、ものやサービスの流れ等を実体験する場として推奨しています。ほとんどの就職希望者が、「就業体験」(インターンシップ)を経験しています。
就職指導プログラム※3年次後期
最新の日本の就職事情を理解し、就職活動に必要な知識や具体的な方法を学びます。夏学期には、日本での特別セミナーも行われます。