IPU NZの強み

国際大学 IPU NewZealandが

選ばれる6つの特長

英語が苦手でも大丈夫

英語が公用語の国、ニュージーランドで“基礎”から英語を学びます。「留学したいけれど英語力が不安」。そんな思いを持つ受験生にも門戸を開いています。

世界25カ国の学生が集う

国際大学IPU New Zealandは「世界の縮図」。さまざまな国からの留学生と交流しながら、グローバル社会で求められる「異文化コミュニケーション力」を磨きます。

進路を見据える「学際教育」

1つの分野だけでなく、ビジネスや国際関係、環境学など幅広く学ぶことができる「学際教育」では、多国籍の幅広い教授陣の指導のもと、これからの将来の方向性を模索します。

徹底した「就職支援」

「日本人」として世界で活躍するための人材育成を念頭に、IPU New Zealandで学びながら日本の大学生と同じ条件で就職活動ができるよう、2カ国間で就職支援を行っています。

日本人スタッフが常駐

学習法・悩み・休暇中の過ごし方の相談、保険の手続き等々…。日本人スタッフの存在は、新入生から就職活動を行う学生まで、いざという時の心強い味方です。

キャンパス内に学生寮

留学生活の拠点である学生寮は、キャンパス内にあり、24時間体制のセキュリティーが完備されています。国籍もさまざまな寮友との交流は、生きた英語を学ぶ最高の機会です。

国際大学 IPU NewZealandには

英語力を伸ばす
絶対の自信と実績があります。

効果的なアウトプットを行うには、インプットの質と量が大切です。日本語から英語へ置き換えて理解していくよりも、英語を英語で理解することで、まずは基礎となる語彙力と文法力を徹底的に身につけます。日々の対話形式の授業を通じて教員から指導を受けながら、英語での表現力を少しずつ習得していきます。

他人の考えや意見を正確に聞き取ることは、大切なプロセスです。ネイティブスピーカーの英語はもちろん、アジア圏を中心とする非英語圏出身者の英語にも同級生たちを通じて日常的に接することで、ビジネスシーンで使える極めて実践的なリスニング力が身につきます。国際人としての基礎的な聞き取り力が、キャンパスでの生活を通じて身につくでしょう。

「話し言葉」と「書き言葉」は似て非なるものです。入学当初は担当講師との英文日記から少しずつ始めて、英文作成力を身につけていきます。作文、ビジネス文書、英文メールの書き方など、語彙と文法力を強化しながら、何をどう書けば建設的に伝えられるかを、じっくりと時間をかけながら学んでいきます。

図書館内にある3万冊の蔵書は、各専攻に必要な必須書籍を中心に揃えられており、図書館情報学修士号を持つ図書館長を中心としたチームが管理にあたるとともに、定期的な見直しを行っています。また、基礎英語教育の在学生には、それぞれの英語力に応じた語彙のみを用いた書籍を用意しており、無理のない読解力の向上が期待されます。

1200時間の徹底した
基礎英語教育

日本人が中高6年間で英語に触れるのは約1000時間。IPU NZでは初年度だけで1200時間の英語学習を行うだけでなく、日常生活においても毎日英語に触れ、英語を苦手に感じていた学生のコミュニケーション力を一気に育成します。

また、英語力を定期的に確認するためにTOEICテストで学期ごとに英語力の伸びを知ることができます。英語を母語としない者として十分なコミュニケーションができると評価される860点以上、さらには900点以上を卒業までに達成することを目標に、英語力を伸ばしていきます。

講師との距離が近い『少人数制クラス』

基礎英語教育の講師陣の役割は、英語を「教える」だけではありません。英語を「好きになってもらう」「楽しんでもらう」ことによって、必然的に英語力が身に付くようなクラス環境をつくっています。「TOEICスコアを伸ばしたい」「スピーキング力をつけたい」「語彙を増やしたい」等、学生の目標を把握し、その達成のためのサポートと指導を行います。


『出席率』の徹底管理

留学の基本はクラスに出席すること。人前で英語を話すのは日常茶飯事。ほとんどの学生が最初は人前で話すことのミスを恐れますが、クラスでは、「話さなければならない」状況が多くあります。徹底した出席管理で、確実に英語の実力をつけられるよう、学生サポート課と連携した学生指導も行われています。


教室の場にとどまらない英語教育

ニュージーランド人学生や、多国籍学生との交流、地元コミュニティでのクラブやボランティア活動、アルバイト、ホームステイなど、学生を取り巻くすべての環境が英語学習に役立ちます。課外授業では地元小学校への訪問やニュージーランド文化を学ぶことができ、満天の星空の下で行うキャンプは、留学生同士の親睦を深める最高の機会となります。

英語力を底上げする『夜間特設クラス』

夜間特設クラスで『英語漬け』

「教える側」には、将来にグローバルリーダーや英語教員を目指す学生など、積極性の高い模範生が名乗りを上げています。こうした学生は後輩への指導を通じ、教えることの難しさを理解していくと同時に、日中は学生として出席する通常授業への参加姿勢がさらに能動的となっていきます。 逆に「教えられる側」は、英語力向上の面で同じ道をたどったであろう上級生から勉強面で学ぶだけでなく、留学生活を有意義に過ごすノウハウも学び取っています。 「教える側」と「教えられる側」が互いに刺激を受け合うチューターリングシステム。これにより、IPU NZでの留学生活で主役となる学生同士がともに成長していく上での相乗効果が期待されます。

1年目でTOEICスコアが大幅UP

4年間を通じて行われる英語教育で毎年着実にステップアップ

初年度の基礎英語教育だけが、IPU New Zealandの英語教育ではありません。留学生のための国際大学として、卒業までの4年間を通じた英語教育で、ビジネスの世界で、または各分野の専門家として活躍できる英語力を養います。専攻する科目のレベルや個々の能力に合わせて段階的に行われる指導によって、卒業までに国際舞台で通用する高度な英語力を身につけます。